「個人の尊厳とジェンダー平等のために ― 差別や分断をなくし、誰もが自分らしく生きられる社会へ」 
日本共産党
1、ジェンダー平等社会(性差による差別のない社会)を推進します 
  (1)男女賃金格差の是正をはじめ、働く場でのジェンダー平等を確立します
    ■男女の大きな賃金格差を容認している法律を改正します 
      〇女性も、男性も、同じ仕事なら同じ賃金――「同一価値労働・同一賃金」の原則を、労働基準法、男女雇用機会均等法、労働者派遣法、パート労働法など、関係法令に明記します。
〇男女の賃金格差を企業ごとに公表するように、女性活躍推進法を改正します。 
    ■男女雇用機会均等法を抜本改正し、雇用の平等をすすめます 
      〇「間接差別の禁止」を法律に明記します。
〇権限のある救済機関を設置します。 
    ■育児や介護など家族的責任を男女ともに担える「働き方改革」と「育児や介護は女性の仕事」という性別役割分担の「意識改革」を働く場からすすめていきます 
      〇育児や介護など家族的責任を持つ労働者は、男女を問わず、時間外労働・深夜労働・単身赴任や長時間通勤を伴う転勤を原則禁止し、看護休暇や育児介護休業制度を拡充します。
〇残業代ゼロ制度の廃止、残業時間の上限を「週15時間、月45時間、年360時間」と労働基準法で規制するなど、長時間労働を是正します。 
  (2)選択的夫婦別姓――同姓にするか、別姓にするか、自分たちで決める――を実現する民法改正をすみやかに行うとともに、民法・戸籍法などに残る差別的条項をなくします
(3)政策・意思決定の場への女性登用を促進します
 
2、性暴力、DV(ドメスティックバイオレンス)―女性に対する暴力を許さない社会に 
  (1)性暴力をなくすための施策と法改正をすすめます
(2)ⅮⅤ対策を強化します
 
3、ハラスメントに苦しむ人をなくします 
4、LGBT/SOGIに関する差別のない社会をつくります 
5、国籍や民族の多様性を認め合い、共生する社会を 
個人の尊厳とジェンダー平等を前に進める政治をつくろう――差別と分断のない社会をみんなの力で 

詳細はこちらをご覧ください。