川重環境エンジニアリング(株)が請負う千歳市環境センターで休業災害が発生


2月25日(木)に、関連会社の川重環境エンジニアリング(株)が請負う千歳市環境センターにおいて、60代の男性派遣社員の方が左膝蓋骨を骨折する休業災害(60日の見込み)が発生しました。

被災された方は、消火栓ホースを使用して灰クレーンバケットを水洗い清掃作業中に、バケット置き場の段差に躓き、水圧が強く重量もあるホースを両手で抱える格好で転倒し負傷されたようです。
被災者本人には不安全行為がなかったこと、床面は滑りやすく段差が認識しにくかったこと、7年前までは2人体制での作業でしたが被災時は1人作業であったことなども確認されています。

被災された方の早期回復を願うとともに、会社には、徹底した原因究明と作業の複数体制化などを含めた再発防止策を求めます。


(21.03.08)