川重環境エンジニアリング(株)が請負う福岡事業所で転落による鎖骨多発骨折等の休業災害が発生

12月20日(月)に、関連会社の川重環境エンジニアリング(株)が請負う福岡事業所粗大ごみ処理施設において、40代の従業員の方が転落による右手・右足負傷と右鎖骨多発骨折の休業災害が発生しました。

被災された方は、施設内の電動ホイスト点検作業を終え、工具袋を左肩に掛けて階段を降下中に残り3,4段の位置で足を踏み外し、転落負傷したようです。

被災された方の早期回復を願うとともに、なぜ工具袋を背負って階段を降りなければならなかったのかも含め、会社には徹底した原因究明と再発防止策を求めます。


(21.12.29)