プロフィール 職場だより 「はぐるま」 政策・見解 政治・労働・経済 
マルちゃん 事故・災害 読者の声 リンク
九州地方地震被災者救援・支援の募金

■2018.10.5

東京電力福島第一原発事故で敷地内のタンクにたまっている放射能汚染水の約8割に、環境中に出す場合の基準値を超える放射能物質が含まれていたことを東電は明らかにしました。トリチウム以外の汚染物質が基準値を超えて残っていることをなぜ、知りながらもきちんと説明してこなかったのでしょう。
現在、アルプスを通した汚染水94万トンを福島第一原発の敷地内にあるタンクで保管しています。このうち89万トンについて分析した結果、約8割の75万トンが基準値を上回る濃度だと推定されました。
今後、基準値を超えた放射性物質を除去するには時間がかかることが予想されます。
汚染水は、実際にはコントロールできていないことが露呈しました。今後も増え続ける汚染水を保管するタンクをどこに確保するか等の課題が、東電、政府に求められています。

※過去の「今日のひとこと」はこちら
2018.08.20  [職場新聞]  職場新聞「はぐるま」236号発行
「すべての人がいきいきと働ける職場」(川重『行動規範』)をつくるために 提案 
2018.08.02  [事故・災害]  エネルギー・環境プラントカンパニーの現地工事で自殺発生
2018.05.16  [職場新聞]  職場新聞「はぐるま」235号発行
昨年、明石工場の技術開発本部でも解雇事件
2018.05.06  [読者の声]  川重創業者のひまご、久坂葉子の詩 
2018.03.30  [政策・見解]   私たちはこんな新しい職場をめざしています
【私たちの職場綱領】 

■スマートフォンの普及により、携帯用サイトは廃止しました

URLをメールでスマホに送る
 
−現在案内できるお知らせはありません−

記事の意見感想、解雇・サービス残業・労災・過労死・過労自殺・セクハラ・パワハラ・偽装請負・メンタルヘルス・談合問題・女性差別・働きがいやくらしなど、みなさんのご意見ご要望、知りたいことなどを下のメール送信フォームでお寄せください。お待ちしています。
メール送信フォーム
←ツイッター始めました


購読のお申し込みはこちら

[各種署名にご協力下さい。]

原発ゼロ署名用紙ダウンロード(PDF)
核兵器廃絶国際署名用紙ダウンロード(PDF)

[お願い] お手数ですが、この署名はお近くの日本共産党事務所やお知り合いの日本共産党員にお届けいただくか、日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所へファックス(06-6764-9115)いただければ幸いです。

日本共産党川崎重工委員会
〒652−0811
神戸市兵庫区新開地3丁目4−20
TEL&FAX:078-341-3236

(C)このホームページの著作権は日本共産党川崎重工委員会にあります。